ぱにゃの箱庭
eBayテクニック

【eBay輸出】返送設定(リターン Return)の設定方法!~ビジネスポリシー 初期設定~

返送設定(リターン Return)の設定方法!

 

こんにちは!ぱにゃ(@panya_eba)です。

 

返送設定(リターン Return)の設定方法!

 

eBayの初期設定、返送設定についてです。

今日はeBayの初期設定、returnの返品設定をしていきましょう!

 

ビジネスポリシーの設定方法

 

返品(Return)の設定をして行きます♪

 

①Mye Bayの中のAccountをクリック


②Business policyをクリック


③【Create Policy】の【Return】から作ります


 

リターンポリシーは2種類作ると便利です。

送料が「セラーもち」か「バイヤー持ち」かの2つです。


 

送料セラー持ちの設定

 

まず、送料セラー持ちの設定を作っていきます。

私の場合は送料セラー負担の方をデフォルトにしています。


 


到着してから何日まで返品を受け付けるかという期間を設定します。

30日か60日に設定すると、eBay内SEO(検索順位を上位に表示する)ことに有利になるといわれているので私は30日に設定しています。

 


 

送料セラー負担をデフォルトにしている理由としては、セラー負担にするとFree Returnというものが適用されます。

 

freereturn

 

Free Returnとは

  • 返品された商品に対しての返金率を設定できる
  • 検索結果にFree Returnと表示される
  • eBay内SEOに有利になる

 

送料をバイヤー負担にしていても、返品理由が「壊れていた」とかセラー側に問題があっての返品という風にされてしまうと、バイヤー負担設定にもかかわらず返送料はセラー持ちとなります。

このことは、結構バイヤーの間にも広く知れ渡っているので本当は気が変わっての返品だとしてもセラー側に理由をつけて返品リクエストを開かれたりすることが増えました ><

それなら・・ということで私は初めから送料セラー持ちにして設定しています。


saveをクリックして設定完了です!

 

バイヤー負担のポリシーの設定方法

 

次に、バイヤー負担を作りますポリシーをコピーして作っていきます。

 

①Copy polisyを押す


 

②ポリシーネームをバイヤー負担にする


 

③セラー負担になっているところをバイヤーに変える


これでバイヤー負担のポリシーも作れました!

 

ポリシーを2種類作る理由

 

なんでSEOに不利になるのにバイヤー負担のポリシーも作るのかというと、

たとえば・・・

  • 例えば10万円以上のもの
  • 重量がすごく重くて送料が高いもの

 

などは「いざとなったら返品すればいいや」という気持ちでバイヤーに気軽に購入されたくはありません。

そのため、高額商品などはバイヤー負担でポリシー設定をしています。

 

それではリターンの設定は以上になります!

 

ではでは、

ここまで見ていただきありがとうございました!

ぱにゃ。

ブログ講座TOPへ

eBay輸出講座TOPへ

LINEに追加する

友だち追加

プロフィール



ぱにゃの箱庭

eBay輸出とブログのオンラインスクールです♪
少しでも興味があったら内容だけでも覗いてみてください(˶′◡‵˶)

箱庭バナー